子育てコーチング

【毎年入賞実績】読書感想文のコツは3つ!2023年の課題図書も紹介!

本ページはプロモーションが含まれています

夏休みの宿題で、時間がかかる大物の代表といえば、読書感想文ですよね。

mochari
mochari

わが家でも毎年取り組みますが、書き上げるまで結構大変です。

本を選び・・本を読み・・内容を自分の中でまとめ・・感想をまとめる。

これを子どもが全て自分の力でやるのは難しいですよね。

わが家では、子どもがやる気になるような声掛けと、構成の考え方や子どもの感想を引き出すことなどをサポートしています。

小学校6年間、2人の子ども達は作文で様々な賞に入賞することができました。

わが家で実践しているやり方をまとめました。

参考にしていただければ幸いです。

読書感想文の書き方の3つのポイント

3つのポイント
  • 冒頭は「セリフ」がおすすめ
  • あらすじをダラダラと書かない
  • その本を読んで自分が変わった点を書く

冒頭は「セリフ」がおすすめ

書き出しのインパクトはとても大切です。

mochari
mochari

わが家の子たちは、このテクニックを覚え実践しています。

例えば、「にゃーご」という宮西達也先生の絵本を題材にした時

「にゃーご」

と大きな声が聞こえた場面で、ぼくはとてもびっくりしました。

冒頭はこのように書き出しました。

「にゃーご」とは文中に出てくるセリフです。

この部分を読むと、作文を読んでいる方はなんでびっくりしたのかな?

「にゃーご」ってなに?などと続きが読みたくなります

あらすじをダラダラと書かない

よくやってしまいがちですが、感想文なので本の内容を長々と説明するのはNGです。

読んでいる人に内容が分からないと感想も伝わらない部分もあるので、ザックリとした内容を書くのはOKです。

しかし、冒頭からのあらすじの説明はあまりお薦めしません。

あらすじや本の内容を書く場合は、冒頭ではなく途中で感想と絡めて書くのがよいです。

その本を読んで自分が変わった点を書く

後半部分には、その本にどういう影響を受けたのかを書きます。

例えば、

「こんなことがあったら、私だったら○○はできないと思います。でも、主人公の□□は○○していてすごいと思いました。私も、□□のように勇気を出してやってみようと思います。」

このような感じで、主人公の行動に影響を受けて、自分がどのように変わったのかを書きます。

上記の例えは短いですが、実際はもっと詳しく長めに書くと良いと思います。

子どもをやる気にさせるポイント

本を選ぶポイント

なるべく本の文字が多くなく難しくない本を選びます。

わが家の上の子は本をあまり読まなかったので、分厚い本や文字が細かい本は、読み終えること自体がハードルが高かったです(笑)。

mochari
mochari

小学校1年生の時は絵本で書きました。

絵本は、読み取る内容が多いのに、とてもまとめやすいので低学年のお子さんにはおススメです。

もちろん、普段から本をよく読み、文字数が多くても負担にならない子であればどんな本でも良いと思います。

あとは、図書館や本屋さんなどで子どもと一緒にじっくり選ぶことです。

親が読んでほしい本があっても、子どもが読みたい気持ちがなければ感想文も進みが悪いです。

子どものやる気が出るように、子どもが自分で本を選ぶことが大切です。

感想文が分からない子への声掛け

急に「なんでもいいから感想書いてごらん」と言われても、ほとんどの子は書けません。

まずは、親の声掛けで何が感想なのかを理解できるように質問します。

感想を引き出す質問例
  • 「どんなお話なの?楽しい話?悲しい話?」
  • 「どこが一番面白かった?」
  • 「読んでみてどう思った?」
  • 「主人公はどんな子なの?」
  • 「主人公が○○しててどう思ったの?」
  • 「最後はどうなったの?」→「それでどう思った?」

質問を色々広げていきながら、子どもがどこに一番感銘を受けたかを探ります。

mochari
mochari

聞き出したことをメモ書きしておくと後で整理しやすいです。

質問に答えることで子どもの頭が整理され、自分の感想を自分で理解することができます。

高学年であれば、親も一度本を読んで、一緒に本の感想を話すだけでも、子どもの感想や意見はどんどん溢れてくると思います。

構成を一緒に考える

子どもが一番感銘を受けたところから、全体的な方向性が決まると思います。

感想文の全体を3~4ブロックに分けて考えます。

  • 一番大きな感銘を受けたところの感想(書き出しはインパクト重視)
  • 簡潔にまとめた本の内容や、その他の感じたことなど
  • 似たような自分の体験などがあれば書く
  • 自分がどのように変わったのか、どうなりたいかなど

上記は一例で、子どもとの質問タイムで書き出したいことが見つかれば、3~4個に分けて構成を考えてみてください。

mochari
mochari

本をみながら、気になったところには付箋を貼っておくとスムーズです。

感想文の注意点

読書感想文を子どもと一緒に取り組んでいると、「もっとこう書いてほしい」「ここはこういう気持ちを書けばいいのに」などと出てくると思います。

しかし、親の感想文ではなく子どもの感想文です。

そして、あまり口出しをすると子どもは「自分で考えた文はダメなんだ」と感じてしまいます。

あくまで、「子どもが分からないことをサポートする」ということを忘れないでください。

「こういう風に思うんだけど、どんな風に書けばいい?」

「こういう気持ちって、何かいい言葉ある?」などと表現方法などを聞かれた時は教えてあげてください。

第69回青少年読書感想文全国コンクール【課題図書】を紹介

1・2年生【小学校低学年の部】

それで、いい!

きつねは絵を書くのが大好き。森の仲間は「へんな絵」とからかいます。でも、うさぎが「きつねの絵、大好き」といってくれて・・。

よるのあいだに・・・みんなをささえる はたらく人たち

私たちがねている夜の間も、町ではたくさんの人が働いている。どんな人たちが、みんなのくらしを支えてくれているんだろう?

けんかのたね

ある日、家の中は大さわぎ。いぬはねこをおいまわし、4人きょうだいは大げんか。いったい何があったの?なかなおりできるの!?

うまれてくるよ 海のなか

魚の卵、見たことある?親たちが、口やおなかの中でひっしに守り育て、生まれてきた子供たち。「がんばれ~!」と応援してね。

3・4年生【小学校中学年の部】

ライスポールとみそ蔵と

ジュンは、古くさいみそ屋が大きらい。でも帰国子女のユキちゃんとの出会いをきっかけに、ジュンのみそ蔵改造計画が動き出す!

秘密の大作戦!フードどろぼうをつかまえろ!

満足に食事ができない家庭に食品を分けてきたフードバンク。ここの食品が急にへってきた。少年たちがその原因をさぐっていく!

化石のよぶ声がきこえる 天才恐竜ハンター ウェンディ・スロボーダ

探検好きの少女が、ある日恐竜の化石を見つけて・・・!角竜類の進化のなぞを解き明かした、女性恐竜ハンターの伝記絵本。

給食室のいちにち

給食はどうやってつくるの?栄養士って何をするの?給食が教室に届けられるまでの給食室のいちにちをのぞいてみよう!

5・6年生【小学校高学年の部】

ふたりのえびす

笑いと福をまねく「えびす舞」を演じることになった太一と優希。「自分」を見つめなおしたふたりが、最後につかんだものは・・・?

5番レーン

小学校水泳部エース・ナルの大会に向けた熱き日々。勝てない苦しさやライバルへの対抗心、初恋にゆれる韓国発青春ストーリー。

魔女だったかもしれないわたし

昔、「人とちがう」というだけで処刑された人たちがいた。「魔女狩り」という史実に絡めて、自閉の少女の成長を描いた感動作。

中村哲物語 台地をうるおし平和もつくした医師

「治療どころではない。まず水が必要だ」渇きに苦しむ人々を救うため、途方もない事業をなしとげた医師。波乱にみちた生涯をつづる伝記。

【中学校の部】

スクラッチ

コロナ禍で黒く塗りつぶされた夏。その中でもがきながら自分たちらしい生き方を掴み取る中学生たちの“爪痕”を描く物語。

アップステージ シャイなわたしが舞台に立つまで

目立つことが大きらいなシーラが学校ミュージカルの舞台に!?幕が上がるまでの日々を描く、ユーモアいっぱいの物語。

人がつくった川・荒川 水害から命を守り、暮らしを豊かにする

江戸をつくったのは家康じゃなく荒川だった?地球温暖化で川が大ピンチ!?面白くてスイスイ読める、川と人をめぐるノンフィクション。

【高等学校の部】

ラブカは静かに弓を持つ

孤独な青年・橘は、上司からの命令で音楽教室に潜入調査へ。チェロ講師・浅葉の生徒となるが、やがて彼の演奏に魅了され・・・。

タガヤセ!日本 「農水省の白石さん」が農業の魅力教えます

農業ってこんなに面白い!最新の農業から、実はスゴい日本の農作物のこと、さらには日本の農業の未来までを語る1冊。

昆虫の惑星 虫は今日も地球を回す

ヒトは、多くを昆虫に依存している。北欧の女性昆虫学者が、奇妙で美しく風変わり虫たちの世界へ誘うノンフィクション。

まとめ

夏休みの大きな課題である読書感想文。

作文が得意な子はスラスラと書けると思いますが、多くの子は苦手だと思います。

しかし、いくつかのポイントを抑えると、審査員の目にとまる作品ができると思います。

【書き方のポイント】

・冒頭は「セリフ」がオススメ

・あらすじをダラダラと書かない

・その本を読んで自分が変わった点を書く

・難しすぎない本を選ぶ

【親のできるサポート】

・質問をして子どもの気持ちを引き出す

・構成は一緒に考える

子どもに宿題をやる気にさせること、やる気を継続させることは親にとっても大変なことですよね。

子どものやる気を引き出すコーチングスキル↓も参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント